読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

回心誌

世の中わがんね

アメリカは自ら敵を育てる

アメリカはロシアの中東侵出に対抗するために、アフガニスタン民兵を支援した。それがアルカイーダ。

アメリカは80年代にフセインを支援していた。フセインが自国のクルド人に対して毒ガスを使用した時期も*1

最近話題になったドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』は、1960年代にインドネシアで起きた虐殺をテーマにしている。この虐殺はアメリカに支援されたスハルトによって起こされた。

アメリカは、共産主義、反欧米主義を抑圧するためには手段を選ばなかった。そうした過去がアメリカを苦しめているのではないか。そして、今や明確な「敵対国家」は存在しない。同じ方法が通用するのかは疑問である。

*1:ノーム・チョムスキー『お節介なアメリカ』p.25