回心誌

世の中わがんね

映画

台湾のブラックメタルバンドChthonic(閃靈)のアルバム『Takasago Army』が何を伝えようとしているか

Chthonic(ソニックと読む)というメタルバンドがある。台湾のバンドだが、日本でも一定の人気を得ている。ボーカルのフレディ・リムはアムネスティ台湾の支部長でもある(もしかしたら既に退任しているかもしれないが)。その6thアルバムが『Takasago Army…

レイチェルの結婚

とても良い映画だった。監督は『羊たちの沈黙』のジョナサン・デミ。イライラさせられないホームドラマ。家族ってこうだよなあ……と心底実感できる。以下ネタバレこみの感想を。

『エイリアン2』を観た

前作『エイリアン』では男性の暴力に屈服せず困難に立ち向かう女性の毅然とした姿が描かれた。これはフェミニスト的な視点だが、そういう評価は珍しくないし*1、少なくとも性的なメタファーに満ちていることは否定しようがない。 以下ネタバレありまくりの感…

推定無罪の原則

推定無罪の原則とは……。 前からこの手の話題を追っかけてる人にとっては「またこの話題か……」というのが率直な感想かもしれない。それでも、「平成の毒婦」と騒がれ死刑が確定した和歌山カレー事件が冤罪であるとすれば一大事と言うほかない。

イエロー・ケーキ

天然ウランから精製した黄色い粉末をイエロー・ケーキと呼ぶらしい。 ドキュメンタリー映画『イエロー・ケーキ クリーンなエネルギーという嘘』を観た。 映画では最後まで具体的な危険性や問題の核心部分には触れなかった。原発という巨大な産業の川上、つま…

靖国神社って変なところだと思うんだよなあ

「敗戦の日」に靖国神社で騒ぎ立てる右翼たちを分析整理--人民網日本語版--人民日報 靖国神社の「下乗」の立て札のそばでは、毎年敗戦の日の正午近くに、旧軍服を着た右翼7、8人がいわゆる「記念儀式」を行い、軍用ラッパを吹き、軍刀を閃かし、整列して万歳…

『風立ちぬ』宮台真司評

なんか宮台ウォッチブログみたいになってしまっているな……。 宮台はポニョは絶賛してたと思うけど、こっちは厳しい。 宮崎監督は子どもが見ないからといって嫌がったが、鈴木プロデューサーの説得があって製作された。 正直に言って、つまらんかったです……。…

映画『映画「立候補」』その2

映画「立候補」についてすでにこのブログに書いているけど*1、まだ書き足りないのでもう一度。マック赤坂が候補者の取り扱いにおける不平等を問題にしていると指摘したブログ記事がある*2。また、マックは何度となく公職選挙法を引合いに出して、自分には演…

華氏911、イラク戦争の嘘、J・W・ブッシュの罪

http://www.jimbo.tv/column/000042.php 「華氏911」今、観て来た - 映画評論家町山智浩アメリカ日記 恐るべき理不尽。J・W・ブッシュが戦争を起こし、企業やブッシュ自身が私腹を肥やし、イラク人、アメリカ兵、大勢の人びとが犠牲になったと告発する。

日本禁煙学会、映画の中の喫煙表現

パターナリズムの典型例. 映画「風立ちぬ」でのタバコの扱いについて(要望と見解)8月16日改訂版 日本禁煙学会 映画「風立ちぬ」なかでのタバコの描写について苦言があります。現在、我が国を含む177か国以上が批准している「タバコ規制枠組み条約」の13…

映画『映画「立候補」』

映画「立候補」 そもそも,私はもう外山恒一の政見放送を笑えない.いや,笑えるけど,ときに笑えないのだ.自明性に埋没した多数派とのズレを感じるほどに生きにくさを感じるからだ.さて,マック赤坂をメインに撮った映画であるが,このオジサン(もうお爺…

伊丹十三、悪を暴く

『マルサの女』,『マルサの女2』を観た.『ミンボーの女』は未観賞.マルサの女については1より2のほうが面白かった.2作目には日本の発展の陰で悪徳が跋扈し,何かが犠牲になっているというメッセージ性があるからだ.マルサの取り調べを受ける鬼沢が「や…

表現規制、映画が野蛮・残酷でなにが悪い

宇田丸とゲスト・高橋ヨシキ

オスプレイ、標的の村、沖縄米軍基地

『標的の村』劇場予告編 - YouTube オスプレイにどんな危険性があるのか、ということは私には分からないが、何となく、それほど危険ではないと思っている。しかしまあ、問題はそれだけではないんだろうと思う。 だが、結局のところ、衝突は起きたのだ。それ…

ピーター・ウェーバー『終戦のエンペラー』

『終戦のエンペラー』予告編 - YouTube 7/27公開だそうで、見に行くかどうかは分かりませんが、一応。 宮台真司はTBSRADIOで「昭和天皇以外の軍人官僚、その他の政治家がいかに唐変木かがよく分かる映画」としていますね*1。 *1:参議院の意義 宮台真司 http:…

想田和弘『選挙2』

『選挙2』予告 - YouTube キャッチコピーは「山さん、怒りの再出馬」。 前作の『選挙』に続いて、想田和弘監督が山内和彦の市議会選挙戦を追うドキュメンタリー映画の第2弾ですね。 以下ネタバレありの感想

キム・ギドク『嘆きのピエタ』

映画『嘆きのピエタ』予告編 - YouTube 映画館で『嘆きのピエタ』を見ました。 キム・ギドクはレンタルで観た『絶対の愛』(2006)に続いて二作目です。『絶対の愛』はメチャメチャ面白かったので、これもつまらないはずはないと思って行ったのですが、寝不足…